スポットライトについて

スポットライトとは?

インテリアの演出効果の高く、ピンポイントに照らすことが可能な照明器具です。その用途から美術館や店舗などでの使用が多い照明ですが、最近では一般の家庭用に引掛けシーリング対応にし、軽量のタイプも多くあります。また同様に一般の家庭用のダクトレールも増え、より自由度の高いコーディネートが可能になりました。

スポットライトの特徴

光源が向いている方向だけを照らすタイプの照明器具ですので、意図的にある場所を照らしたい場合などに活用されます。間接照明のように壁面などをスポットライトで照らす事で反射光を使った照明効果や、特定のもの(絵画・オブジェなど)を照らすことで、その部分を目立たせたり、オブジェを通じて意図的に影を作って部屋に立体感を出すなど様々な使い方が可能です。

スポットライトのコーディネート

直接照明としての使い方

一般的な照明器具としての使い方で、家具の配置に合わせて方向を決めていただきます。「本を読む場所」や「リラックスする場所」など用途によって光を向けるバランスを変えていただくことでメリハリのある空間演出が可能です。

間接照明としての使い方

光を壁や天井に向け、反射を利用することで光が大きく広がります。一度、反射された光は穏やかな優しい光になり陰影が浮き出しやすくなるという点が特徴です。そのためリラックス感のあるインテリアを演出することができます。

ピンポイントの照射

絵画などインテリアのアクセントになる部分を照らすことで目立たせることが可能です。また観葉植物のような立体的なものを照らすことで、意図的に影を作り出せるので、お部屋に立体感を生み出すことが可能です。

  • 10000円以上で送料無料
  • 天井照明のリモコンスイッチ
  • HS556
  • MERCERO LT-7441
  • 木流ウェーブ GDP-044DB
  • W-7101